ジャンル|イラスト・コミック

DINER1

河合孝典 平山夢明 (集英社)

小説(単行本・文庫)に続き『DINER』コミックスの装幀を担当させていただきました。
平山先生、河合先生も交えた打ち合わせで、みなさんのご希望を聞き取り。その結果まとまった「ノワール感×料理×キャラクター」というビジュアルにすること、タイトルは縦に大きくいれることを前提に、デザインラフを数パターン作成しました。
検討の末キャラクターは単体で強く描き、「DINER」のロゴの中と表4に料理(作中の印象的なメニューなど)の写真を入れる案が採用に。キャラクターにも料理に関わるアイテムを持たせ、作品のアイデンティティを補強しています。地色は巻ごとに変える案も出しましたが、一貫して黒とすることで、ノワールなイメージを担保。
ちなみに、タイトルのフォントは、単行本・文庫・コミックスとすべて同じもので統一しました。『DINER』といえばこのフォントと強く印象づけられているとおもいます。