ジャンル|写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス

闇に香る嘘

下村敦史 (講談社)

第60回江戸川乱歩賞受賞作。
作中のモチーフにとらわれず、闇の中に世界を感じられるようなカバーにしたい、というオーダー。「香り」にフォーカスして燃える薔薇をメインモチーフに。また、盲目の老人が主人公ということから着想を得て、視線の動きを光の軌跡で表したものを重ねました。
一度色校正を取ったのち、カバー・表紙の黒をより深みのある漆黒に見せるべく、メガミブラックを使用。別丁扉も、スミの発色がより鮮やかになるよう、資材を変更しました。
「闇」の表現に全力を注いだ一冊です。