ジャンル|ミステリー・サスペンス・イラスト

謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー

はやみねかおる、恩田陸、高田崇史、綾崎隼、白井智之、井上真偽・著/文芸第三出版部・編 (講談社)

K_nazokuro_cov_B

装画は植田たてりさん。
新本格30周年を記念して編まれた、「館」をテーマにした2冊のアンソロジー。ソリッドかつシンプルでおしゃれな本にすることを目指しました。
いわゆるミステリーらしい「暗い」「重い」「生っぽい(血の気配)」はあえて排除することを前提に、植田さんには人物の気配を感じさせつつ、館の中で何かが起こっている感を表現してほしいとオーダー。モノクロの世界に一部だけ赤を置き、赤に導かれて館に辿りつき、奥まで誘われるというイメージを表現。広い空間にぽつんと配置されたモチーフは、よく見ると不安感が煽られ違和感を感じさせるものとなっています。
とっつきやすいイラストと相反するように、タイトルには固めの書体を採用。帯は同月刊行のノベルスの記念アンソロジーと統一感を持たせました。
また『7人の名探偵』と『謎の館へようこそ』には、『7人の名探偵』の装画を使用し、各先生の代表作の文言をピックアップした新本格30周年しおりがランダムで封入されています。

K_nazokuro_obi_BK_nazokuro_toc_BK_nazokuro_tob_BK_nazonoyakata_cov_B