ジャンル|イラスト・時代小説・歴史

裏関ヶ原

吉川永青 (講談社)

装画は武藤文昭さん。
親本に続いて装幀を担当。装画も同じものを使わせていただき、デザインの方針も踏襲。
古地図の雰囲気がありながらもスタンダードな地図ではない、という見せ方は、時代小説の装幀としては珍しいものかとおもいます。