ジャンル|写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス・警察小説

蟻の階段 警視庁殺人分析班

麻見和史 (講談社)

シリーズ第二作。
第一作『石の繭』とのシリーズ感を演出するため、女性のシルエットとそれに溶ける街という要素は踏襲。
作中登場する額縁のイメージをはめ込むことで、見せ方に変化を持たせました。
一種異様な雰囲気がありつつ、モダンでシックに見えるようにまとめています。