ジャンル|写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス・警察小説

群青の魚

福澤徹三 (光文社)

地方を舞台に、交番の巡査と所轄の刑事を主人公に据えた長編警察小説。タイトルにある「魚」を使った案なども検討しましたが、「警察官」の後ろ姿をメインモチーフにすることに。随所に群青色を使った端正な佇まいの1冊となりました。