ジャンル|写真/コラージュ・ノンフィク・エッセイ

福島の記憶 3.11で止まった町

写真・文 飛田晋秀 (旬報社)

2011年3月11日の東日本大震災直後から、東京電力福島第一原子力発電所の避難区域で撮り溜められた、衝撃的な写真の数々。報道されない現実に衝撃を受け、なるべく大きくたくさんの写真を見せられるよう、横長の判型を選択。
カバーには、たくさんの写真の中から印象的だったものを選びました。原発の方角を見て怒っているカエルの石仏たち。