ジャンル|写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス・ホラー

祟り火の一族

小島正樹 (双葉社)

現代版『犬神家』とでも言うべき”本格+ホラー=エンタメ的”な作品なので、さまざまな要素を盛り込んでゴージャスに。
昭和の名作ミステリーを彷彿とさせます。
帯はメインコピーを余白たっぷり活かしての配置。シンプルで強烈なキャッチがさらに際立っています。