ジャンル|ミステリー・サスペンス・イラスト

清らかな、世界の果てで

北里紗月 (講談社)

K_kiyorakana_cov_T

装画はwatabokuさん。
作品の大きな特徴である「寄生虫」の見せ方をどうするか検討。watabokuさんのアイディアで、肌を突き破って出てくる結晶として表現していただきました。不気味さは排除しつつも、美しさと違和感を共存させることで、店頭で目を惹くビジュアルに。
タイトルは、より腕に焦点が集まるこちらのレイアウト案が採用となりました。

K_kiyorakana_obi_TK_kiyorakana_hyo_TK_kiyorakana_tob_TK_kiyorakana_toc_TK_kiyorakana_hon01_T