ジャンル|写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス

涙香迷宮

竹本健治 (講談社)

わかりやすさを意識し、「暗号」のイメージといろは歌、碁盤の升目という作中の重要なモチーフを組み合わせてビジュアルを作成。ベースに敷いたピラネージの版画の使用は、竹本先生からご提案いただきました。特色の金を使用することで、華やかなカバーに。タイトルと著者名がよりクリアに見えるよう、各要素のバランスを取ることに気を配りました。
巻末には竹本先生の著作リストを掲載。こちらのレイアウトも担当しております。