ジャンル|文芸・写真/コラージュ

浮遊

高嶋哲夫 (河出書房新社)

K_fuyu_cov_T

「生と死」という重いテーマを扱いつつも、エンタメ感のある一冊。その両方をうまく装幀に反映できるよう心がけました。
いくつかラフをお出しした中から、主人公でもある「脳」をモチーフとして使用することを最初に確定。そこからデザインを詰めていきました。「脳の中に押し込められた人格」というイメージで、脳内に漂う男性像を。欧文の配置も含め「浮遊感」は重視しています。タイトルや帯にあえて赤などの強い色は使わず、白と青系統でまとめたことで、小説全体に漂う静寂感も担保されました。

K_fuyu_obi_TK_fuyu_cov4_TK_fuyu_hyo_TK_fuyu_tob_T