ジャンル|写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス・警察小説

水晶の鼓動 警視庁殺人分析班

麻見和史 (講談社)

「女性+α」で構成する既刊の雰囲気を踏襲。
作中の重要なアイテムである「時計」をモチーフとしつつ、ミステリアスに重くなりすぎず、警察小説の雰囲気も残せるようなデザインを心がけました。