ジャンル|イラスト・文芸

殺人出産

村田沙耶香 (講談社)

装画は新田美佳さん。
カバーには、シュールでマッド、でも個性的で女子っぽいイラストを使いたいというオーダー。妊娠・出産を意識した絵や抽象的なモチーフを描いたものなど、さまざまに候補をお出しした中から村田さんのご希望も伺って、新田美佳さんの絵をお借りすることに。不思議さ・不気味さと美しさ・かわいらしさが両立しているところが、作品世界にマッチしています。
既存の価値観の崩壊が描かれている作品ということもあり、タイトルはなにか脆いものが崩れていくような不安定さを出すことを意識。
芥川賞受賞記念の各種宣伝物のデザインも、あわせて担当いたしました。金や蛍光ピンクなどの目立つ特色を使用することで受賞の特別感を演出しました。