ジャンル|イラスト・文芸・恋愛

森の家

千早茜 (講談社)

装画は北見隆さん。
表4までつながっている絵を巻きで使用。圧倒的なクオリティを前に、どうすればこの絵の魅力を活かせるか、をテーマにタイトルの文字置きを模索しました。
見返しと別丁扉には、青みがかった緑と黄緑をチョイス。「森」と「水」のイメージの強い作品ゆえです。
目次や本扉、章扉のレイアウトも担当いたしました。どこかに消えてしまいそうな文字は、作品の内容を意識して。