ジャンル|イラスト・文芸・恋愛

森の家

千早茜 (講談社)

装画は北見隆さん。
親本に続いて装幀を担当。装画も、同じものを使わせていただきました。トリミングは文庫に合わせて少し変更しています。
親本時と絵のトリミングは変えず、まったく違うタイトルのレイアウトも試しましたが、最終的に文字の収まりは親本を踏襲しつつ、書体の強さやレイアウトを文庫に最適な形になるようにしたこちらの案が採用に。
目次や章扉のレイアウトも担当しています。溶けかけて消えてしまいそうな文字は、作品の内容を意識して。