ジャンル|写真/コラージュ・ホラー・ノンフィク・エッセイ

東京の幽霊事件 封印された裏歴史

小池壮彦 (KADOKAWA)

主に東京で起こったさまざまな怪しい事件と、その場所の背景について取り上げた一冊。装幀には著者撮影の写真を使わせていただき、暗がりの中からほのかに怪しい風景が立ち上ってくるような仕立てに。何が起こったのか、想像力を掻き立てられます。
本文レイアウトも担当しています。それぞれの場所のはじまりに写真の島を作り、そこから本文がスタートする構成に。本文写真も、撮影は著者によるもの。