ジャンル|イラスト・文芸・時代小説・歴史

日蝕えつきる

花村萬月 (集英社)

装画は大竹彩奈さん。
歴史時代小説感と暗黒感を両立させつつ、官能性的なものも感じられるカバーにしたいというオーダー。さらに、作品のキーである「皆既日蝕」のイメージも出せるようなビジュアルを捜索し、大竹彩奈さんから作品をお借りしました。
帯の表1には雰囲気のあるフォントを選び、内容に合った不穏な印象を演出。一方内容紹介には端正な明朝を選びました。読みやすさと雰囲気のぎりぎりのバランスを狙っています。