ジャンル|文芸・ミステリー・サスペンス・恋愛・タイポグラフィ・グラフィック

悪貨

島田雅彦 (講談社)

K_akka_cov_B

親本に続いて装幀を担当いたしました。
単行本の迫力をいかに文庫に落とし込むか、が課題でした。レイアウトを工夫し、タイトルを帯に乗せる案、単行本縮小案などいろいろなパターンを出しましたが、こちらが採用となりました。
単行本には付録として「零円札」が挟み込まれていましたが、文庫では実現難しく、帯に登場させました。

K_akka_obi_B