ジャンル|写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス・恋愛

恋と禁忌の述語論理

井上真偽 (講談社)

装画はQ-TAさん。
井上先生からいただいた作品のキーワードを元に、Q-TAさんにビジュアルを作成いただきました。女性のシルエットの中に、作品内容が凝縮されています。
タイトルや帯のレイアウトは、『その可能性はすでに考えた』などの講談社文庫の既刊のイメージを踏襲。本作は「そのかの」シリーズではないのですが、「講談社文庫の井上作品」という統一感が出ることを意識しました。