ジャンル|写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス

希望のまちの殺し屋たち

加藤眞男 (講談社)

鉄道&時刻表トリックが使われた作品ということで、駅の写真をメインに。
包丁を持つ手をイラスト的にすることで生々しさを殺しつつ、「殺し屋」という単語の物騒さを活かしました。