ジャンル|写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス

失踪者

下村敦史 (講談社)

『生還者』に次ぐ山岳ミステリ。雄大なクレバスを背景に、ミステリアスな人物シルエットのある案が採用となりました。
『生還者』の際は「白い本にしたい」というご希望をいただいてデザインを進めたのですが、今回はクレバスの底に眠る遺体をめぐる謎を描くお話ということで、氷のイメージを想起させる「青い本」とすることを前提にデザインを進行。カバー・帯はもちろん、表紙や見返し、別丁扉にいたるまで、繰り返し青を使用し、イメージを強く印象づけています。
タイトルまわりなどは『生還者』を踏襲。シリーズ作品というわけではありませんが、「下村さんの山岳ミステリ」ということでゆるく繋がりを持たせました。