ジャンル|イラスト・ミステリー・サスペンス・ホラー・青春・学園

千葉千波の怪奇日記 化けて出る

高田崇史 (講談社)

装画はおとないちあきさん。
ノベルスに続いて装幀を担当。新しい読者の獲得を目指し、親本とは装幀をがらりと変更することに。登場人物たちと作中で起こる怪奇現象を、魅力的に組み合わせて描いていただきました。オブジェクトの運動方向や要素配置を緻密にご検討いただいた、隅々までご覧いただきたい装画です。
今作では、絵の中にタイトルを入れることから離れ、フレームに包むようなデザインに。タイトルと装画がうまく共存し、相互の視認性が良好に保たれます。