ジャンル|写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス・SF・ファンタジー・恋愛

冥の水底 下

朱川湊人 (講談社)

親本に続いて装幀を担当させていただきました。
単行本の暗く美しい印象とはイメージをがらりと変え、まるでユートピアのような希望の光も見える装幀に。ミステリーやサスペンスの要素より、純愛物語のほうに重きを置きました。