ジャンル|文芸・写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス

道尾秀介 (光文社)

写真は大橋愛さん。
1枚で子ども時代のさまざまな情景を想起させる写真です。包み込むようななつかしくあたたかい光に満ちています。この光、実はシャボン玉なのだそう!
レインボーフィルム加工を採用しました。光の反射次第では、ご覧のようにカバーに虹が架かります。ぜひ実際にお手にとって、いろいろな角度から光をあててみてください。
本表紙は、セミハードカバー仕様となっております。仮フランス装をイメージしていただければ。上製本とは一味違った軽快感が持ち味です。お手にとっていただく際は、ぜひカバーをとってみてください。
本文フォーマットも担当いたしました。文芸書っぽさとなつかしさの同居。漢字は秀英明朝、かなは朗文堂の和字シリーズからまどかを使用しています。レトロでどこかなつかしい、本書にぴったりの書体です。