ジャンル|学術・人文・イラスト

僕とツンデレとハイデガー

堀田純司 (講談社)

K_bokutun_cov_B

装画は小路あゆむさん。
全体の雰囲気として、「萌え」と「かしこい」の融合を目指しました。「萌え」風味のイラストを線画で使うことで印象を控えめにし、革ばり風の背景と馴染ませています。色味のトーンを抑えたこともあり、クールで賢そうな雰囲気に。
そんな中、タイトルのインパクトを最大限活かすべく、文節ごとに色を変えて言葉のギャップを強調し、三つ巴感を出しました。
目次や章扉のレイアウトも担当しております。

K_bokutun_obi_BK_bokutun_toc_BK_bokutun_tob_B