ジャンル|写真/コラージュ・時代小説・歴史

信長の影

岡田秀文 (双葉社)

親本に続いて装幀を担当しました。デザインも親本を踏襲しています。
同時代を生きた武将や血縁者などが、織田信長をどう見ていたかを描く連作短編集。信長を想起させる鎧兜を取り囲むように、登場人物たちを投影した金屏風が浮かび上がるビジュアルで、内容を表現。