ジャンル|ミステリー・サスペンス・造形物・青春・学園

一〇一教室

似鳥鶏 (河出書房新社)

造形は土屋裕介さん。
似鳥先生の新境地たる社会派エンタメ小説。
「刑務所や監獄すら想起させる閉ざされた学校でなにが起こったか」を描く内容を端的に表現するビジュアルを捜索する中で、土屋裕介さんの彫刻作品に辿り着きました。抑圧される子どもの姿を装幀で明快に見せられたかとおもいます。
タイトルは、正統派で硬質な印象となることを意識。赤をセレクトすることで、硬さの中に禍々しさを出すことにも成功しています。