ジャンル|イラスト・ノンフィク・エッセイ

ネオカル日和

辻村深月 (講談社)

装画は雨隠ギドさん。
装画は内容に寄せることなく、タイトルから連想されるようなどこかふわっとした雰囲気を出していただけるよう、雨隠さんにご依頼。作中登場する様々なアイコンがちりばめられた、たのしい装画になりました。読了後に隅々までご覧いただくと、たのしい気持ちになれること請け合いです。
本文フォーマットの作成や目次のレイアウトも担当しております。エッセイと小説が共存している一冊などで、どうフォーマットの見せ方を変えるかに心を砕きました。