ジャンル|タイポグラフィ・グラフィック・ノンフィク・エッセイ

エンタメ小説進化論 “今”が読める作品案内

円堂都司昭 (講談社)

評論だけどエンタメ感を、というオーダーのもと、デザインを進行。魅力的なワードの数々を活かすにはこの形がベストということで、この案が採用されました。
ピクトグラムは坂野作。シンプルになりすぎないよう一手間かけたキュートなデザインです。マス目には銀インクを使用しています。光の加減できらめき、華やかです。
本表紙の樹形図は、カバーと同じ要素を使って作成。いわば見せ方違いです。こちらをカバーにする案もありましたが、結局この形に落ち着きました。
目次や章扉のレイアウト、本文フォーマットの作成も担当いたしました。全編にわたって、評論らしい固さが出過ぎないことを目指しています。