ジャンル|写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス

ふたたび嗤う淑女

中山七里 (実業之日本社)

前作『嗤う淑女』に続き装幀を担当。文庫版『嗤う淑女』の装幀が好評だったこともあって、前面に主人公の強烈な「悪女」イメージを押し出したこちらのビジュアル案が採用に。
帯は蛍光ピンク、表紙は黄色×黒のドットパターンと、店頭目立ち度大の仕上がりとなりました。