ジャンル|写真/コラージュ・ミステリー・サスペンス・ホラー

ひとんち 澤村伊智短編集

澤村伊智 (光文社)

著者初のノンシリーズホラー短編集。「日常がずれておかしくなっているようなビジュアルにしたい」というオーダー。表題作から着想を得て家の写真を捜索。どこかにつながるものである窓の色を変えることで、位相のズレを表現しました。じわじわと不気味さが滲み出てくる装幀です。
本文付き物のデザインも担当。「ビンテージ明朝」を多用し、ダークでレトロな印象のデザインに。