ジャンル|イラスト・ミステリー・サスペンス・警察小説・青春・学園・恋愛

にらみ

長岡弘樹 (光文社)

装画は古屋智子さん。
短編それぞれからモチーフを拾い上げ、それらを組み合わせてカバービジュアルを構成。いちばん目立つ手錠と瞳は、表題作から。手錠の中から瞳や取調室の様子が覗く案は、古屋さんにご提案いただきました。
店頭効果を意識し、タイトルと帯には赤を使用。瞳とタイトルの相乗効果で、強い装幀となりました。