ジャンル|ミステリー・サスペンス・イラスト

その可能性はすでに考えた

井上真偽 (講談社)

K_sonokano_cov_N

装画は丹地陽子さん。
「奇蹟」のイメージを装画で表現しつつ、ファンタジーではなくかっこいいミステリであるというのがわかるようにしたい、というオーダー。パッと見でわかりやすい「奇蹟」を考えたときに「水の上を歩く」というものがあがり、そのイメージで丹地さんにお描きいただくことに。キャラクタも明確にしつつ、小物の使い方でたいへんかっこよく仕上げていただきました。
タイトルはたいへんシンプルな見せ方ですが、一部だけ赤い文字がアクセントに。全体的にすごくクールで印象的な一冊となりました。

K_sonokano_obi_NK_sonokano_toc_N