ジャンル|イラスト・ミステリー・サスペンス・警察小説

あるミアタリの女 監察の神

弐藤水流 (光文社)

装画は山口志のぶさん。
タイトルにもなっている「ミアタリの女」をビジュアル化。ミアタリとは、手配犯の顔と名前を記憶し、雑踏に立って通りかかる人々の中に犯罪者がいないか捜し続ける捜査官。雑踏を見つめ続けながら職務を全うしようとする女性の姿を描いていただきました。